フランスワインは作られる地区で味わいが違います

ボルドーワインは、フランス万西武ジロンド県産のワインです

ボルドーワインは、フランス万西武ジロンド県産のワインです : この20年来辛口白ワインの品質向上と発展ぶりは、目覚ましい : ワインが生まれた地区で味も大きく違ってきます

ボルドーワインは、フランス万西武ジロンド県産のワインです。
首都ボルドー市からほとんどのワインが出荷されたので、この名前がついています。
中央高地から流れるドルドーニュ河、ピレーネ山脈に源流をもつガロンヌ河がボルドー市の少し下流で合流し、ジロンド河と名前を変えて大西洋に注いでおりこの三つの大きな河川流域のブドウ畑から産出するワインです。
ボルドーはブルゴーニュと並ぶフランスの代表的高級ワインの産地ですが、その生産量、品質の高さ、種類の多様性などが相まってボルドーがトップの座を占めています。
また歴史的に輸出を中心とするワイン産業が発達したため、大小無数のワイン業者がボルドー市に集中し、フランスワイン産業の中心にもなっているのです。
ボルドーは日常消費用の安ワインも大量に出していますが、高級ワインの故郷でもあります。
そして底辺の安酒から最高級ワインまでがピラミッド状に整然とした階層を形成している点が顕著です。
自家栽培、自家醸造、自家瓶詰めのワインをシャトーワインと呼んでいますが、このシャトーワイン制が制度化している点もボルドーの特色になっています。
そうした背景があってボルドーには公的な格付け制度ができていますが、こういった点も他のワイン産地とは異なっています。
この地域は赤ワインに代表される地域です。

もしあの場(カフェ)に自分がいたら
確実に死んでるだろうなぁ笑 
さすがワインの
世界最高生産を誇るフランス、
ワイングラスの量が多い。
フランスの
ぶどう酒、すなわちワインは、
かのルイ13世が国を仕切っている時以前から樽で注がれ、保存される事が多い。
大酒飲みの人は樽ごと飲むんだとか!? pic.twitter.com/NXnsTlC9Ut

— たかはま たけし (@ZlJ1b0KNd1hoFRo) 2018年10月9日